ついに発売が決定!「ドラクエ11S」の前作との違いは?豪華声優によるボイス機能も?

 

 出典:GameWith

 

こんにちは、ともやです!

 

 

本日、皆さんおなじみのドラゴンクエストシリーズの最新作「ドラクエ11S」の発売が、「2019年」に決定しました!

 

 

2017年7月にはPS4版・3DS版「ドラクエ11」が発売されましたが、今回はSwitch版」での新作発売となります。

 

 

 

高画質なグラフィックでのプレイが可能なPS4版と、3D機能が搭載された3DS版。

これらのゲーム機を使って「ドラクエ11S」をプレイするのはまだまだ先となりそうですが、今後随時発売される可能性は大いにあり得ることでしょう。

 

 

 

スイッチ版での発売が主流になりつつあるドラクエシリーズですが、どうやら前作との違いはゲーム機だけではないようです。

 

 

そこで今回の記事では「ドラクエ11S」および「ドラクエ11」の違いと、新作で追加される機能についてお話します!

ドラクエ11Sの「S」に込められた意味

今回発売が決定した「ドラクエ11S」では、前作ドラクエ11で登場するキャラクターに大きな変化はありませんが、タイトルには「S」という謎の文字が刻まれています。

 

僕自身、「新作はSwitch版で発売されたから、ゲーム機名称の頭文字をとってSをつけている!」といういかにも素人が考えつく発想をドヤ顔で思い浮かべていましたが、残念ながら現段階で正式な意味の発表はされていませんでした。

 

公式サイトやSNSでも色々調べてみたところ、僕と同じような推測をしていた方がいらっしゃったので、今後、正式な定義の1つとして認識されていくのかもしれません。

 

また、他にも、

 

  • 「Special」の「S」
  • 「しゃべる」の「S」
  • 「声優」の「S」

 

などの解釈があるようです。

 

その中でも、1つ目の「Special」の定義には「前作のコンテンツの問題点を補完した完全版」という意味合いが込められているのではないかと言われています。

 

 

前作のドラクエ11はPS4版と3DS版のそれぞれが発売されていますが、どちらにも良い面と悪い面が存在します。

 

例えば、

 

[PS4]

良い点:画質が綺麗、迫力がある

悪い点:持ち運びが困難

 

[3DS]

良い点:3D機能という独特の遊び方が可能、持ち運びが容易、気軽に友達と遊びやすい

悪い点:グラフィック性に欠ける

 

といったことが挙げられます。

 

当然人によってゲームの好みや基準は変わってくるのですが、「PS4版もやってみたいけど、同じソフトを2つ購入するのは少し気が引けるな…。」と考える人も一定数存在するはずです。

 

こうした背景を考慮すると、新作にスイッチを採用することでそれぞれのゲーム機の「良いとこどり」を狙っている可能性があるというのが個人的な解釈です。

 

スイッチであれば持ち運びが容易なのでどこでもゲームを楽しむことができますし、3DS版と比べて画面も大きいため、ユーザーに迫力のある印象を与えることも期待できますからね!

 

 

 

また、ドラクエの公式Youtubeチャンネルではプロデューサーの岡本北斗氏が「オリンピックの開催スパン」を例に挙げて、開発期間の目安を言及しています。

 

実際のオリンピックは基本的に4年毎に行われる計算のため、ドラクエシリーズの作品を1つ生み出すにはそれなりの時間がかかることが伝わってきますよね…。

 

 

今回発売が決定した「ドラクエ11S」についても「もうちょっと時間がかかる」との発言をしていたので、来年の年末にまで発売が延期される可能性も十分にあり得る話です。

 

 

前作で残っている技術的な問題の解決だけでなく次の章でお話する新機能の追加作業も考えられるため、気長に待ち続けるのが一番と言えるでしょう!笑

 

岡本プロデューサー・内川ディレクター インタビュー映像

 

ズバリ!前作との決定的な違いとは?

さて、新作の発売と同時にどうしても気になってしまうのが「前作との違い」についてではないでしょうか?

 

現時点では新しいストーリーやコンテンツの詳細については深く触れられていませんが、実はすでにドラクエ11との決定的な違いについての情報がいくつか公開されています。

 

今のところ分かっているのが、

 

  • ボイス機能
  • ゲーム内で結婚相手を選択することができる

 

の2点です。

 

 

特にボイス機能については、これまでのドラクエシリーズで実装されていた作品もありましたが、前作のドラクエ11には搭載されていませんでした。

前章で説明した「S」の文字の意味についても、「声優・ボイス関係」の意味合いであると推測しているユーザーも多かったことから、特に注目の新機能と言えるでしょう。

 

 

主なキャラクターを担当する声優さんは以下の通りです。

 

 出典:ドラクエ11攻略

 

マルティナ(声優:小清水亜美) 戦闘シーン

 

ボイスなしでもドラクエは十分に楽しめる作品ですが、これはこれで、イベントシーンに夢中になってしまいそうですね笑

 

 

また、結婚相手を変えられるというのも大きな変更点となっており、選択に応じて異なるキャラクターの声を楽しむことができるのも魅力です。

 

 

その他にも、

 

  • ダッシュ機能
  • ハードモード機能(強くてニューゲームのような要素)
  • メニューデザインの変更

 

などの噂がありますが、信憑性が確かではないので新しい情報が更新されたらまた追記しますね!

 

「ドラクエ11Sの前作(ドラクエ11)との違い」まとめ

以上「ドラクエ11S」の前作との違いと、実装される予定の新機能についてお話しました。

 

今回のニュースによってスイッチの需要が大きく上がることになりそうですが、PS4や3DSのユーザーまでもがトレンドを移行するかどうかについては現時点ではよく分かりません。

 

 

ドラクエの影響力は計り知れないので、少なくともゲームの概念が少しずつ変わっていくのは間違いありませんが笑

 

 

 

公式サイトによると、新しい情報が来年1月にも更新されるそうなので、それまで楽しみにしておきましょう!

 

 

 

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。